サークル・レポート

学びの旅 : パトモス島

2005/9/11〜9/17 まで、ハラランボス氏及びサークルリーダーはギリシャのパトモス島を訪れ、ハラランボス氏のレッスンを受けました。
パトモス島の風景をお伝えします。(写真・文章、三谷五一)

 

photo

パトモス島の玄関スカラ港、客船が入港しています

 

photo

島の中心部のメインストリート、のどかです

 

photo

宿泊したホテルの正面の桟橋の風景

 

★パトモス訪問の趣旨

 

パトモス島は、キリストの没後にヨハネが流刑となった島です。

ヨハネはこの島の洞窟で暮し、黙示録を著わしたのですが、この洞窟が 『 ヨハネの洞窟 』 として修道院になっています。

ダスカロスのマスターはヨハネで、ダスカロスのレッスンやレクチャーはヨハネの導きで行なわれていました。

そこで、ヨハネゆかりのパトモス島に赴き、ヨハネの波動を感じながら、ハラランボス氏のレッスンを受けたり瞑想を行ないました。

 

photo

丘の上に修道院、その周りは城下町のようになっています
中腹にヨハネの洞窟があります

 

★ヨハネの洞窟

 

この洞窟でヨハネが黙示録を著しました

photo

ヨハネの洞窟、入り口正面

 

photo

入り口の上に掲げられている、イコン

 

ヨハネの洞窟の中(修道院になっています)

photo

入り口を入ったところ

 

photo

白い漆喰が美しい、この下が聖堂になっています

 

photo

石の階段を下がると、この右奥が洞窟の面影を残した形で聖堂になっています

 

★ヨハネの修道院

 

ヨハネの洞窟から更に上ると、丘の上にヨハネの修道院があります。

丘の上は修道院を中心に城下町のようになっており、修道院まで上るメインストリートの途中に、土産物屋が幾軒も軒を連ねていました。

メインストリートから一歩脇道に入ると、迷路のように狭い道が入り組んでいました。

 

photo

狭い路地が続き、迷路のようです

 

photo

土産物屋の店先で昼寝している老犬

 

photo

ヨハネの修道院の入り口の上に掲げられているイコン

 

photo

修道院の中心部、中庭が形つくられ、複雑な造形

 

photo

空を見上げると鐘が見えます

 

photo

ここの左側が修道院の聖堂

 

photo

ギリシャ正教の司祭、やさしい眼差しが印象的

 

パトモス島の波動は、とてもマイルドでした

photo

夕日の海岸線に出向き、皆で瞑想

 

島は新鮮な魚介類がいっぱい、値段も安い。

photo

取れたてのお魚

 

photo

グリークサラダ、ビール

 

photo

カラマリ(いかの唐揚)、小魚とポテト


パトモス島の風景

photo

青い空と白い漆喰のコントラストが美しい

 

photo

島の中心部、早朝のレストラン

 

photo

司祭が歩いている

 

photo

荒れ野でロバの商隊と遭遇、目と目があってニッコリ

 

photo

日没、還る

このページのトップへ